2012/01/31

ある象使いのはなし。

象使いが象を送りました。

子供の誕生日に。

象使いはそんなに頭が良い方ではないのですが
誕生日に間に合うように送りました。

当日になりました。
象使いが子供の家に電話してみると、いつもと変わらない子供の声が聞こえました。
象が届いてないんだなと、象使いは思いました。

象使いは考えました。
子供の家の近くに住んでる、友達の象使いに相談してみようと。
なぜならその象使いは子供から遠く離れたところにいるのです。

その年の誕生日、子供はひとりぼっちだったのです。

でも子供にとって、その年の誕生日はその日だけです。
象使いはそういうところにはこだわるのです。
そこで象使いはまた考えました。

象使いにとって象は命の次に大事なものです。
そのことを象使いは知っていました。
その上、象使いは人に何かを頼むのが苦手です。

長い時間考えた象使いは、勇気を持って4人の友人に電話しました。

一人は、象は貸せないけど、他の誰かに借りて来てくれると。
一人は、象は貸せるのだけど、時間がないと。
一人は、象を貸したいのだけど、象がいないと。
一人は、象を貸してくれる、、、と!!

そして象使いは象を子供にプレゼントする事が出来ました。
子供からはすぐに電話がかかってきました。

いつの日かこっそりと、その象を換えることになるのですが、
誕生日の子供の気持ちは変わらないことを象使いは知っていました。

象使いは思います。
本当に大変な時に4人の友達に電話できた事を。
そして4人共、象使いが恥ずかしい気持ちにならないよう 、優しく対応してくれた事を。
4人という数が多いか少ないかはわからないけれども、 象使いは幸せな気持ちになりました。


そして子供のいる街に初雪が降りました。

2012/01/26

それは落ちることではなくて届くことなんだ。


例えば1年前。

凄く風が強い日だった。
僕は凝りもせず、フェルトで出来た真っ黒なカラスみたいな帽子を被って、街へ出た。
少し歩いただけで、僕は帽子にカラスと名付けたのを後悔した。
僕のカラス帽は、名前の通り、風にまかせて飛んでいった。
名付けた事を後悔しながら追いかけてる僕をあざけ笑うように、カラス帽は勢いよく風に乗り、3人組の若者を追い抜き、昼間っから仲良くしているカップルに呪いをかけ、カラスみたいに鳴いている選挙カーを破壊して、彼女の手元に落ちた。
その瞬間、僕の悪魔のカラス帽は、平和の使者の伝書鳩になった。


ラナンキュラスの花束みたいに、白い肌と淡いピンクの唇をした彼女と、世界に何の影響も与えない小鳥のさえずりのような会話をつつましく終え、最後にきちんとお礼をした僕は、また飛ばないようにしっかりと深く帽子を被った。

「その帽子、被らない方が素敵ですよ。」

そう言って、彼女はクスクス笑い、背伸びして僕の帽子を取り上げ、風であちこちに向いている僕の髪をそっと撫でつけてくれた。

そう、

僕は恋に落ち、、いや違う、、恋に届いたんだ。


2012/01/21

コーヒーを淹れる前に。


着信に気がつき、大きな液晶に写る彼女の名前を確認して、
「おはよう。」
僕はいつもみたいにカーテンを開ける。
「雪だね。」
と彼女は小さなでつぶやく。

僕は開けたカーテンの先の空を眺める。
ぼんやりと暗い朝の空からは、小さな雨が降っていた。
「こっちは雨だよ。」
僕がそう言ってると、布団の中から寝坊した犬が顔を出してきて、
僕と一緒に窓の外を眺めはじめた。

電話越しに彼女の声が聞こえている。
昨日の夜に映画を見ながら寝てしまったとか、今朝は寒すぎて寝坊しちゃったとか、今朝のコーヒーは、、、
僕は幸せな気分で携帯を耳にあてたまま空を眺めていた。
「雪だ。」
僕は不意につぶやいた。
今日やらなくては行けない事を話している途中かなんかの彼女は、急に話を遮られて言葉を失ったけれど、
「あぁ、雪ね。」
事態を飲み込んだ彼女はそう言い、(きっと微笑んだ。)

僕はいつも、そうやってその日の空みたいに、ぼんやりと彼女の話を聞いて、せっせと自分の話ばかりしていた。






2012/01/15

新世界とハッピーバースデー。


中川正子ちゃんの初の写真集『新世界』の個展に行ってきました。

正子ちゃんは、きっと瞬きするように撮り続けている日常の日々の写真から、
この写真集や個展の為に、この20数点を選んだと思うと、凄い事だなと思うと同時に、
星の王子さまの言葉を思い出し。

『ぼくの星はたくさんの星の中に混じっている。だから、きみはどの星のことも好きになる、
ぜんぶの星がきみの友達になる。』

正子ちゃんの星の数ほどのシャッターの中で選ばれた数点というのは、きっと星の王子さまを探すような作業であり、

『あの星のひとつにぼくが住んでいて、そこで僕が笑っている、ときみは考えるだろう。だからぜんぶの星が笑っているように思える。きみにとって星は笑うものだ!』

そう思うと、自分の日常だって、どの場面も好きになれる。

なんて事を思う、
沢山の笑顔であふれていた『新世界』のオープニングパーティーでした。

正子ちゃんのブログから勝手に詳細です。
本人ももの凄く素敵なので、是非!!!!

中川正子 写真展『新世界』

2012年1月13日(金)— 1月21日(土)12:00-20:00
13日のみ18時まで。

会場:valveat81
   107-0062港区南青山4-21-26 2F
   TEL 03-6406-0252

--------------

私は今のところ

13日 ほぼ終日
14日 夕方まで
15日 夕方以降
16日 ほぼ終日
20,21日 ほぼ終日

会場にいる予定です。
みなさん、ぜひお会いしたいです!!

いらっしゃったら話しかけてくださいね!!!


遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は色々なイベントを通して、洋服と文章だけじゃなく、声を交わせていけたらなと思っています。
バーニーズニューヨークで行われるフェアから始まり、渋谷パルコonce a monthでの展示、
パルコ主催の[FIGHT FASHION FUND]に参加したりと、盛りだくさんです。

そして、全てにおいて共通しているのが、皆さんと直接話しを出来る場所にしていきたいと思っています。
また詳細はきちんと決定した後にお知らせをしていきますが、
みなさん是非遊びに来てくださいね!



video